■ペルー日本人移民データベースとは
本データベースは、慶應義塾大学文学部柳田研究室が外務省外交史料館架蔵「移民取扱人ヲ経由セル海外渡航者名簿」「移民運送船関係雑件 日本郵船株式会社 旅客名簿」等をもとに、一部「旅券下付表」等の史料で補い作成した「ペルー契約移民データベース(18,727件)」「渡航者名簿データベース(2,348件)」のデータを利用しています。
本データの構築にあたっては、目白大学教授赤木妙子先生、慶應義塾大学教授柳田利夫先生、データ入力・修正作業には、柳田研究室のみなさんにご協力いただきました。

凡例

■検索画面
検索画面では、「姓」「名」「都道府県」「船名」「到着日」「配耕地」の6つのデータ項目から検索することができます。
【検索例】
  • ①  広島出身の山崎さんを検索したい場合
    →姓の欄に「yamasaki」(※1)と入力し、都道府県の欄で「hiroshima」を選択後、検索してください。
  • ②  山崎直吉さんを検索したい場合
    →姓の欄に「yamasaki」(※1)と入力し、名の欄に「naoyoshi」(※)と入力後、検索してください。
  • ③  神奈川県出身移住者を検索したい場合
    →都道府県の欄で「神奈川」を選択し、検索してください。
  • ④  佐倉丸に乗船し、サンニコラス耕地に配耕された人を検索したい場合
    →船名の欄で「佐倉丸」を選択し、配耕地の欄から「サンニコラス」を選択後、検索してください。
  • ※1: 姓、名について、アルファベット表記による「読み」が、検索者の期待する読み方と合致しない可能性があります。
    例えば、上記検索例の「山崎直吉」さんの場合、姓、名それぞれで以下の読み方が予想されます。
    • 姓「山崎」の場合:「yamasaki」「yamazaki」
    • 名「直吉」の場合:「naoyoshi」「naokichi」
    以上のことから、検索したい「読み」をアルファベット入力し、期待する結果が表示されない場合は、別の読み方で再検索してみてください。
■主なデータ項目
  • ①  姓(Apellido):収録されている移住者の姓
  • ②  名(Nombre):収録されている移住者の名
  • ③  姓名漢字表記(Apellido y Nombre en Kanji):収録されている移住者の姓名を漢字表記したもの
  • ④  都道府県(Prefectura):移住者の出身都道府県
  • ⑤  渡航前住所(Domicilio):移住者の渡航時住所
  • ⑥  生年月日(Fecha de nacimiento):移住者の生年月日(※2)
  • ⑦  船名(Barco):移住者が乗船した船名(※3)
  • ⑧  到着日(Fecha de llegada):移住者のペルー到着年月日。不明の場合には神戸ないし横浜の出港年月日(※4)
  • ⑨  配耕地・自由移民(Hacienda / Libre):契約移民の場合には配耕された農場名
  • ※2: 生年月日のデータは以下の2種類があります。
    【生年月日のデータが原史料に記載されている場合】
    表示例→1899-05-16(1899年5月16日生まれ)
    【生年月日のデータが原史料に記載されていない場合】
    • 1) 渡航許可の日付とその時の年齢が記載されている場合
      表示例→30.02/1899-05-16(渡航許可がおりた時の年齢:30歳2か月/渡航許可年月日:1899年5月16日)
      このデータをもとに生年月を推定することができます。
    • 2) 年齢だけが原史料に記載されている場合
      表示例→30.02(渡航許可がおりた時の年齢:30歳2か月/渡航許可年月日は不明)
          このデータと出航日ないし到着日からおおよその生年月を推定することができます。
  • ※3: 移住者が乗船した以下の船名について
    • 1) [ ]がついている船名の場合は、推定を意味します
    • 2) 紀洋丸>静洋丸:ハワイまで紀洋丸で航海し、ハワイで後続の静洋丸に乗り換えてペルーに到着したことを意味します
  • ※4: ペルー到着の正確な年月日が史料上で確認できない場合には、原則として横浜出港の年月日が表示される。横浜を経由しない場合、あるいは横浜出航日のデータが不詳の場合には、神戸出港年月日が表示される。
  •   表示例: 1936-05-16Y 1936年5月16日横浜出港
        1936-05-16K 1936年5月16日神戸出港
■その他
原史料に該当項目の記載がない場合は、空欄になります。
本データベースの内容について無断での転載及び内容の変更を禁止します。